新築プランは若いうちから

年齢として住まい購入は一般に30代が適齢期といわれたりしますが、年収安堵経済的ゆとりで来て人生設計立てやすい年齢であるので、一軒家購入に踏み切る方が多いため。ですが20代での意見や購入がそれほど珍しくはないです。また、20代で住宅ローンを組み長期ローン組んでも在職中支払いを終えやすいです。そして支払い完了後の住まいは大きな財産になって、いざといったとき経済的安心感保証する基盤となります。早くから賃貸住宅済む分の家賃払わずすんで家賃分財産になるマイホーム購入資金に充てられます。そして20代なかばから30代半ばまでの10年間賃貸住宅でっ暮らして、家賃8万円支払い続ければその間のコストは敷金・礼金など含め1000万円近くになります20代で住まい購入して家賃や管理費負担なくなる分や住宅ローン控除受けられる分生涯の資産形成という意味でとても有利です。また早くから自分の好みあった住まいで暮らせたりすることも大きな利点であり、一戸建て住宅は外観、間取りプランニングにおける自由度高くてライフスタイル、好みにしっかり合った唯一無二の住まい建てられます。そして、20代から長く自分に合った住環境に暮らしてみて人生におけるトータル快適度高まってきます。

三重で二世帯住宅を建てるなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です