間取りは、庭の見えるキッチンをメインに

我が家は注文住宅で家を建てたのですが、設計段階から自分たちの意見を取り入れることができたおかげでほんとに好きな空間にすることができました。
なんといっても気に入っているのが、庭が目の前に見えるキッチンです。
アイランドキッチンにして、前にリビングがあり、子供の姿を料理をしながら見ていることができ、しかもリビングの先はお庭なので、緑が見えて、朝も日が入り、気持ちいいです。
このような間取りにできて、注文住宅にしてほんとに良かったなと思います。
また床の色も部屋によって変えたかったので、床や、壁の色なども話し合いました。
リビングは埃が見えにくい明るい色の床にして、寝室は落ち着いたイメージのダークブラウンの木の床にしました。
これは住んでから気づいたのですが、ダークブラウンの床は埃が良く目立つので、寝室は逆によく掃除することができていいかなと思いました。
リビングまでダークブラウンだったら、掃除が大変だったかなとも思います。
間取りの関係で寝室はよく日が入るので埃が目立つのです。
リビングに急なお客さんが来た時に暗い色の床だとあまりに埃が目立ってしまうので、この選択は良かったかなと思います。
また気に入っている点は主人の父の実家が古い家で使わなくなった格子の襖などを再利用したらどうかと言ってくれたので、私たちの家に格子の襖を入れてもらいました。これが結構味があっていいのです。玄関から奥の部屋が見えないような間取りにするために格子の襖を入れてもらいました。
このような細かいことも対応してくれた大工さんに感謝です。
設計から決めることが多かった、期間も長くなった注文住宅でしたが、納得するまで間取りを話し合ってできた家に大満足しています。

三重で漆喰の健康住宅を建てるなら